高松さんぽ

olivierを楽しんだ2日間は、時間を気にすることなく、時間いっぱい楽しもう!と、私には珍しく、数日前から夕飯を仕込んで、気合い入れて臨みました(笑)

b0304804_15151142.jpg

北浜アリーは、瀬戸内海に面していて、近くに高松港があります。
古い倉庫を活用して、色んなSHOPが集まったオシャレなスポットです。

b0304804_15164212.jpg

ぐるりと一回り、どこを切り取っても絵になります。
倉庫街、寒々とした外観ながら、一歩足を踏み入れると、オシャレな雑貨屋さんやカフェに、心が温まります。
猫ちゃんもひなたぼっこしてました^^

**********

北浜アリーをあとにして向かったのはこちら。

b0304804_14523493.jpg

高松丸亀町商店街にある・・・

b0304804_14525232.jpg

まちのシューレ963
奈良にある「くるみの木」のオーナーである石村由紀子さんが、出身地である高松でプロデュースした、洗練された生活雑貨や工芸品などを扱うお店。
カフェもあって、まずは、体に優しいお食事をいただきました。
その後店内をのんびり。
衣食住に関わる雑貨や道具たち、どれもいいお品ばかりで、こういうものに囲まれて暮らしている自分を妄想してみたり(笑)
眺めて、手に取って、色々想像する・・・それだけでも、日々のバタバタやストレスが、スーっと消えていってしまうから不思議。
こういう時間って、本当に大切だな~と思います。
いくつか、「欲しい!」と思うものがあったけど、帰って、ゆっくり吟味して、また行ってみようと思っています♪

ネットショップなんかでなんでも簡単に手に入る時代だけど、どちらかと言うと現物を手に取って吟味するお買い物の方が好きです。
と言うと聞こえがいいけど、単なるアナログ人間なんですよね^^;
布を買うのも、ネットだと失敗が多くて・・・^^;

**********

次に向かったのは、写真はありませんが・・・、

Patio(パティオ)さん。
こちらも、厳選された生活雑貨を取り扱うお店。
小さな店内ですが、扱っているお品はもちろん、ディスプレイも素敵で。
他にお客様はいなくて、ゆっくりゆっくり楽しみました。
置いてあった、対流式のストーブに興味津々で(笑)
有名な外国のものではなく、国産のものだけど、いつか我が家にも・・・と、またまた妄想が膨らみました(笑)

Patio
高松市松縄町1052-1(087-869-7333)
営業時間:12~19時
定休日:火曜、第2・4水曜

**********

子供たちの帰宅時間を気にしながら、やっぱり行こう!と最後に向かったのは、週一で新聞と一緒に届く地元情報誌で見かけて気になっていた、国分寺町にある、こちらのお店。

b0304804_1453994.jpg

大通りから離れた住宅街にひっそりとたたずむ、一見「公民館かなにか?」と思われるようなこの建物・・・。

実は雑貨屋さんなのです。
植物とアンティークのお店「errer」(エレー)。

昔郵便局だった建物を改装したとのこと。
扉を開けると・・・外観からは想像もできない、異世界を感じさせるような空間が広がっていました!

b0304804_1513525.jpg

このお店のオーナーさんは、植物などの標本を手掛ける作家さん。
そのたくさんの標本とアンティークの雑貨が、この独特の空気を生み出していて、すっごく引き込まれました。
あ~、標本や雑貨を、もっとアップで写真を撮っておけばよかった・・・。
西洋アンティークが好きな方にはたまらない場所だと思います。
古い建物の天井の梁や内装が、またこの雰囲気にピッタリで。
まるで異国に来たかのような空間に、しばし日常を忘れるほどでした。

オーナーさん、マダムのような方かしら?と想像していたら、全く違って、ずいぶんお若くて、意外と今どきの女性(女の子?)でびっくり。
この日は、香川でも雪がぱらつくくらいの寒さで、まだ長崎や福岡の方がたくさん降るんですよ~なんて話したら、「長崎の男の人って男前ですよね?」とおっしゃって。
「え・・・???そうかな?^^; ・・・あ~、福山さんの印象かしら?」
なんて女子トークに花が咲きました(笑)
(あ、女子とは図々しいですね^^;)

後日、IGでこのオーナーさんを発見。
フォロワーさんたくさんの有名人みたいでびっくりしたのでした。
時々、標本のワークショップも開催されているようです。
興味ある方はぜひ!

**********

出不精の私が珍しく動き回った、高松さんぽ♪
とっても充実の一日に大満足でした!
まだ他にも、香川の行ってみたいところがたくさん。
また、お尻に火をつけて、色々行ってみようと思います♪
[PR]
by Needle-y | 2015-02-10 12:20 | pleasure | Comments(0)